オペラ鑑賞ご案内「さまよえるオランダ人」

オペラ「さまよえるオランダ人」 リヒャルト•ワーグナー初期の作品で、作風を確立し後の名作群への幕開けとなった傑作。永遠に海をさまよい続けなければならない呪いを受けたオランダ人船長を、彼に魅せられた乙女ゼンタの愛が救うというワーグナーの生涯のテーマとなった「愛による救済」の物語です。迫力満点のオーケストラや、輝かしいアリアと「水夫の合唱」など有名な合唱曲、演出家の解釈が注目される幕切れと、聴き所、見どころに溢れる作品です。ワーグナーの意向によりこのオペラは通常1幕形式上演で休憩がありません。舞台監督の新星Vasily Barkhatovはハノーバーやビースバーデン、フランクフルト、ベルリンなどで成功を収めており、Deutsche Oper am Rheinで初となる演出も見どころです。今シーズン、オペラ座最後の公演となる本上演お楽しみに。
上演前には劇場係員による作品解説もございます(日本語通訳付)。

日時:7月6日(土)
場所:Deutsche Oper am Rhein / Heinrich-Heine-Allee 16A, 40213 Düsseldorf
参加費: 【解説+オペラ】 29名
    大人€ 70,80 子供€ 47,50
     【舞台裏見学】 22名
    大人€ 8,00 子供€ 7,50

当日スケジュール:
 16:50 舞台裏見学者集合(途中参加不可)
 17:00~18:15 舞台裏見学
 18:30~19:00 特別解説
 19:30 開演(上演時間およそ2時間15分休憩なし)
 
申込:6月22日(土)までに、参加費を添えて日本クラブ受付までお申込みください。または、下記申込フォームよりお申込み下さい。(定員になり次第受付終了)

【注意事項】
・締切日以降のキャンセルは、ウェイティングの方がおられる場合を除き返金いたしかねます。
・舞台裏見学、解説については申込者が少ない場合は中止になる可能性がありますので、予めご了承ください。
・チケットには当日劇場往復の公共交通機関の利用が無料になる特典が付いています。チケットのお渡しについては後日事務局より連絡いたします。
当日の緊急連絡先:0157-36702178(当日のみ受信可能)




ja

ログイン

日本クラブ会員専用