日本人学校のページ

土曜参観・新父母会役員

父母会会長 藤井 淳子

5月初旬、鯉のぼりがたなびく青い空のもと、我が子の学ぶ姿をひと目見ようと多くの保護者の方々が土曜参観へと足を運び、3年ぶりに先生と親と子が再び校舎に集い賑わう光景はとても活気があり嬉しく感じられました。土曜参観の後に開催された父母会説明会でも大変多くの方々にご参加いただき、2022年度の父母会についてご紹介させていただくことができました。本年度、日本人学校父母会は会員の皆様とともに、私たち役員4名、役員候補者選出委員4名、学級委員36名でスタートいたしました。委員や係になられた会員の皆様が子どもたちの為に早速活動を開始される姿や、積極的に協力してくださる姿勢は大変ありがたく、そして頼もしく、私たち役員も3年ぶりの対面した父母会活動を再び盛り上げていきたいと感じております。学校と家庭の架け橋となり、子どもたちが心身ともに健やかに充実した学校生活を送れるよう皆様のご協力を得ながら1年間活動してまいりたいと思います。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

S13 Obenlinks

 

小学部・中学部入学式

小学部1年担任 松本 晃
中学部1年担任 村上 京子

2022年4月11日にデュッセルドルフ日本人学校の小学部と中学部の入学式がありました。今年度は、保護者の皆様やご来賓の方々にもご参列いただき、無事に式を執り行うことができました。この日を迎えるにあたり、いろいろとご準備ご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。改めて、お子様のご入学おめでとうございます。校長や来賓の方々のお話を一生懸命に聞く小学部1年生の姿は、とても立派でした。また、中学部1年生は、約1か月前に卒業式を経験したこともあり、堂々とした態度で式に臨むことができました。これからの学校生活、保護者の皆様に支えてもらいながら、同学年や他学年の児童生徒と一緒に、たくさんの思い出を作っていってほしいと思います。教職員一同、学校教育目標である「豊かな心をもち、国際感覚を身につけ、たくましく生きる子どもの育成~聴き合い、学び合い、共に学ぶ~」の実現に向け、精一杯努力していきます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

S13 Untenlinks

 

フォルトゥナ・デュッセルドルフ サッカー教室

小学部4年担任 白坂 雄大

5月11日、デュッセルドルフ日本人学校グラウンドにてフォルトゥナ・デュッセルドルフによるサッカー教室が行われました。小学校2年生を対象に行われている「スタジアム見学」に続き、今回の活動は小学校3年生、4年生を対象に実施されました。サッカーに初めて触れる児童も、プロの指導者による練習に夢中になって取り組む姿が大変印象的でした。指導に携わって頂いたトビヤスコーチ、ダニエルコーチ、廣岡コーチは、ドイツ語、英語、日本語を使い分け、児童に多くのメッセージを伝えてくれました。児童にとって、「本物」に触れることができた時間は大きな宝物になっていくことでしょう。児童、生徒にはデュッセルドルフでしかできない体験をこれからも大切にしてほしいと思っています。日本人学校の児童にこのような機会を用意してくださった、廣岡様を始めフォルトゥナ・デュッセルドルフの関係者の方々に心より感謝申し上げます。

S13 Obenrechts

 

日本デー ~感謝の気持ちを込めて~

中学部教務主任 深沢 裕也

5月21日(土)の日本デーに、日本人学校からは、合唱部、ウインドアンサンブル部、小・中学部の交流委員会が参加しました。交流委員の生徒は、「折り紙ワークショップ」を行いました。初めは緊張していた子供たちも、少しずつ慣れ、ドイツ語と英語を交え、一生懸命折り方を伝えました。「折り紙の魅力を分かってもらえて良かった」というように、児童生徒は、折り紙を通して異文化交流を満喫しました。合唱部は、「さくら」などの日本の伝統的な曲に加えて、ドイツ民謡を歌いました。「ゆかいに歩けば」では、聴衆のみなさんも一体となって壮大な合唱を作り上げることができました。ウインドアンサンブル部は、本校の卒業生、梶浦由記さん作曲の「炎」「紅蓮華」に加えて、日本の民謡「八木節」などを披露しました。両部共に、盛大な拍手の中、発表を終えることができました。発表後の児童生徒の表情には、喜びと達成感が満ち溢れていました。ステージから観客席に目を向けると、涙をこぼされている方もいらっしゃいました。日本デーが、いかに価値のあるものだったかを物語っていました。帰り際に、ある生徒が言っていた言葉が忘れられません。「みんなの前で演奏できるという当たり前がそうではないんだと分かりました。これからも当たり前に感謝して、演奏を楽しみたいです」支えてくださっている全ての方々への感謝の気持ち忘れずに、これからも日本人学校は、児童生徒の成長を願って、教育活動を進めていきたいと思います。

S13 Untenrechts