日本人学校のページ

新父母会役員
父母会会長 大嶋 恭子

2021年度、日本人学校父母会は会員の皆さまとともに、役員4名でスタートいたしました。新型コロナウイルスの影響から、連邦政府・州政府の要請を受け、日本人学校もオンライン授業・分散登校という形で新年度を開始しております。父母会活動においても同様に、対面での活動が難しく、現在役員はメッセンジャーアプリケーション・WEB会議ツールを使用し、会議・話し合いを行っております。既に保護者の皆さまには、WEBアンケートという形でご協力いただいておりますが、新型コロナウイルス前とは一部異なる対応も必要となることから、日本人学校に入学・編入された皆さまにも、父母会の活動をご理解いただけるよう苦心しております。今後も色々な変化が起こる可能性がございますが、日本人学校と保護者の皆さまの架け橋となり、少しでも児童・生徒の皆さんが充実したより良い学校生活を過ごせるよう、活動してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

2021年度 小学部入学式
小学部教務主任 小原 久美子

4月28日(水)と30日(金)に「第50回小学部入学式」が行われました。日本人学校の門をくぐり、担任の先生や学級の友達と対面した子どもたち。4月14日(水)からオンライン授業が始まっていましたが、やはりみんなと会えた子どもたちは嬉しそうでした。教室では元気いっぱいの子どもたちも、入学式では、校長先生から「元気に挨拶ができる1年生」「自分のことは自分でできる1年生」「よく勉強する1年生」になってほしいという3つのお願いを一生懸命聞く姿がとても立派でした。残念ながら保護者の方々には、入学式に参列していただくことはできませんでしたが、Google Classroomで動画を配信させていただきました。
これからの学校生活、保護者の皆様に支えてもらいながら、先生方、お兄さんやお姉さん、お友達と一緒にたくさんの思い出をつくっていってほしいと思います。

S13 links original

 

2021年度 第51回中学部入学式
中学部教務主任 森本 彰

4月28日(水)と30日(金)に、中学部入学式を挙行いたしました。新型コロナウイルスの感染対策のため、合同で行っていた入学式を小学部と中学部それぞれに分け、さらに学級も2つに分けたため、少人数での入学式を合計で4回行いました。また、ご来賓の方々や保護者、在校生もいない中での式となりました。そんな中でも、式前や式後の正門での入学式立て看板の撮影時に、多くの生徒、保護者から「入学式ができて本当によかったです。こんな状況の中で実施して頂き、本当にありがとうございます」と温かい言葉をたくさんいただきました。
本年度の入学式は、元々4月12日と13日に実施予定でしたが、式の直前に延期されました。そんな状況の中、1年A組の大山 翼くんと1年B組の二宮 瑠衣さんの新入生代表「誓いの言葉」は本当に素晴らしいものでした。この日に向けて何度も練習してきたことが伝わるだけではなく、心のこもった力強くあたたかい「誓いの言葉」でした。

S13 rechts oben original

 

分散登校とセルフテスト             
小学部3年担任 庄司慶裕

新しい学年、新しい教室、新しい学級の子どもたち…と、期待に胸を膨らませていましたが、今年度も子どもたちとの出会いはオンラインでした。
4月14日からは、1クラスを登校グループとオンライングループの2つに分けての分散登校が始まりました。教室で行う授業とパソコンを使ってのオンライン授業に、「次はどこで何の授業を…」と、混乱してしまう日々でした。
また、登校するにあたり、児童生徒はコロナセルフテストの実施が義務付けられています。教職員が事前に研修を行いましたが、鼻血が出てしまう教職員もいました。子どもたちにとっても難しいものかと思っていましたが、特に大きな問題もなく実施することができており、安心しています。
コロナとの生活にも慣れてきたと思いきや新たな規制が加わるなど、混乱や困惑することがまだ続きそうですが、子どもたちにとって充実した学校生活を送ることができるようにしていきたいものです。

S13 rechts unten