自由コラム

今を生きる!

あるご夫婦に女の子が授かり、「いまる」と名付けられました。やがてその子が大きくなって名前の由来を尋ねました。お母さんは「いまるとはね、“今を生きる!”と言うことよ」とやさしく説明しました。お父さんは「それは“生きてるだけで丸もうけ”と言うことやあ」とあろう事かこともなげに言いました。
このお父さんのセリフを聞いた時、わたしは大笑いしてしまいました。それが何やら訳も無く納得してしまったりで。。。
もうずいぶんと昔のおはなしです。
昨秋、怪我でとても痛くて辛い思いをして数週間、日常生活に不便をきたしている時、ふっとこのお父さんの放ったセリフを思い出して「ほんとにそう!」としみじみと感じいったものです。
今年もまた、家族や友人たちとお茶のひとときを楽しむ、コンサート会場に足を運ぶなど、人びとは集うことを制限され、マスクをして距離を保つことを義務づけられるというこれまでは考えられなかったやりきれない状況を強いられて、そろそろ我慢も限界!の時、私はこの“生きてるだけで丸もうけ”と言うセリフを呟くことにしています。楽しいことを思い浮かべて!
因みに冒頭のエピソードは、明石家さんまさんと大竹しのぶさん元ご夫婦のおはなしでした。

編集委員 河添 良子