総領事館から

令和元年度外務大臣表彰式の実施

9月3日、総領事公邸にて、カイザー=ヘルシャー元ツェツィリエン・ギムナジウム校長への外務大臣表彰式が執り行われました。カイザー=ヘルシャー元校長は、1998年から2011年までツェツィリエン・ギムナジウムの校長を務め、就任当初より同校における日本語授業を拡大・強化し、2004年には卒業資格(アビトゥーア)科目としての日本語授業を導入した他、日本文化行事や学校間交流等を力強く推進したこと等が評価され,令和元年度の外務大臣表彰を授賞されました。受賞式当日は、岩間総領事より、将来の日独交流の担い手を育成する上で大きな貢献を果たした同元校長を祝福し、表彰状の授与を行いました。

S2

 

総領事館窓口における新型コロナウイルス感染防止措置のご案内
(待合室の人数制限、郵送受付の開始等について)

総領事館では、新型コロナウイルス流行下でも、在留邦人の皆様へ安全・安心・便利なサービスを提供できるように可能な限りの努力をしております。
具体的には、5月から、領事窓口への各種ご申請・お届けについて、以下のとおり対応させていただいております。

1 感染防止対策へのご協力のお願い
(1)3密(密閉、密集、密接)を避けるため、領事待合室の最大入場者数は概ね4世帯(1世帯当たり概ね2~4名程度)までとさせていただいております。同伴者数の削減にもご協力ください。また、混雑時には、しばらく待合室の外でお待ちいただく可能性もありますので、ご了承ください。
(2)入館にあたっては、マスク等の着用、アルコール消毒ジェルの利用、社会的距離(1.5メートル)の維持にご協力ください。
(3)発熱があるなど、体調のすぐれない方におかれましては、体調が回復された後にご来館ください(検温をお願いする場合もありますのでご協力ください)。

2 郵送(及びEmail)による受付について
みなさまが当館窓口にお越しいただく回数を最小限にするために、一部証明については郵送及びEmailでの申請を承っております(交付時のみご来館いただきます)。また、戸籍関係の届出については、郵送でも承っております。
ただし、事前の連絡や確認なしに、書類を郵送することはお控えください。書類一式を郵送する前に、必ず当館にメール等で事前のご連絡をお願いいたします(当館で内容を事前に確認し、受付可能と判断した場合に、正式に申請いただくこととなります)。
当館メールアドレス(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

なお、旅券につきましては原則として本人又は委任を受けた代理人による来館申請になりますが、やむを得ない事情がある場合には郵送による仮受付ができる場合もございますので、事前にご相談ください。
(1)郵送及びEmail申請ができる証明:出生証明、婚姻証明、離婚証明、自動車運転免許証抜粋証明等
※在留証明/署名証明/警察証明については、対面での確認(署名、指紋採取等)を要するため、郵送申請は承れませんのでご了承願います。
(ただし、公的年金受給申請のために日本年金機構等へ提出する在留証明を申請される方で、ご来館が困難なご事情がある方につきましては、代理申請又は郵送申請を承れる場合もありますので、事前にご相談ください)

(2)郵送ができる届出:出生届、婚姻届等の戸籍関係届出は、一部例外を除き郵送での届出が可能(当館への郵送、又は、日本の本籍地役場へ直接郵送することも可能です。後者の場合には、必要書類等については事前に日本の役場へご確認ください)。
詳細につきましては、以下当館HPをご参照ください。
当館HP(https://www.dus.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在留邦人の皆様におかれましては、3密を避け、帰宅後はうがい・手洗いを励行する等、引き続き新型コロナウイルス感染予防を心がけていただきますよう、お願いいたします。

 

新型コロナウイルス関連規制の緩和に伴い、スリ、置き引き等の一般犯罪の発生にご注意を

新型コロナウイルス関連規制の緩和に伴い、スリ、置き引き等の一般犯罪の発生にご注意を
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、本年3月以降、公の場所における接触制限、飲食店、小売店等に対する営業規制、大規模メッセの中止等の厳格な規制が導入され、人々が外出を控えたことなどにより、本年3~6月中の一般犯罪の発生件数は大幅に減少しました。

◎本年3~6月中のNRW州内における犯罪発生件数(速報値)
(7月9日付NRW州内務省公表)
・総 数:365,676件(昨年の同期間比-107,954件、約23%減)
・空き巣:5,290件(昨年同期間比-2,271件、約30%減)
・強 盗:2,821件(昨年同期間比-998件、約26%減)
・ス リ:6,511件(昨年同期間比-4,127件、約39%減)

しかしながら、NRW州警察によれば、上記減少は一時的なものであると分析しており、感染状況の落ち着きと共に、厳格な規制が徐々に緩和され、繁華街にも活気が戻りつつある中、再び、窃盗犯をはじめとする一般犯罪の増加が懸念されます。スリ、置き引きに関する以下の防犯上の留意点も参考に、十分な防犯対策をお願いします。
● 常に貴重品に意識を向ける(定期的に、自身で触って、見て確認)。
● 荷物を置くときは、身体から離さず、必ず自身から見える位置に置く。
● ズボンの後ろポケット、カバンの外ポケット等、死角となる位置に貴重品を保管しない。貴重品は、カバンに入れず、可能な限り、肌身離さず携行する。
● 見知らぬ人から声を掛けられる、妙に接近されるなどしたときは、警戒心を高める。
● 多額の現金を持ち歩かない。

 

帰国・転出届を忘れずにご提出ください

帰国・転出届のご提出を忘れずにご提出ください。
年度の変わり目は特に、日本へ本帰国されたり、他の国・地域(ノルトライン・ヴェストファーレン州外)へ転出されたりする方が多くいらっしゃると思われます。その際は、当館に帰国・転出届をご提出いただきますようお願いいたします。
また、新たに他の国・地域からNRW州内に転入し3か月以上滞在される予定の方、当館に在留届をご提出済みで記載内容に変更(帰国・転出以外)の生じた方につきましては、それぞれ在留届、記載事項変更届のご提出をお願いいたします。
新規の在留届を在留届電子届出システム「ORRネット」で登録頂けますと、その後の変更もオンライン上で手軽に行えます。
(ORRネットリンク: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

 

10月~12月の休館日

・11月   3日(火):文化の日
・11月 23日(月):勤労感謝の日
・12月 24日(木):クリスマスイブ
・12月 25日(金):クリスマス(第一日目)
・12月 29日(火):行政機関の休日
・12月 30日(水):行政機関の休日
・12月 31日(木):行政機関の休日