ひとりで悩んでいる方へ、日本語で相談できる場所があります。

●外務省及び当館は、在留邦人の孤独・孤立及びそれに付随する問題(DV、虐待、いじめ、メンタルヘルス等)に対し、同分野に知見のある団体と連携してきめ細かく対応しています。
●ドイツ国内及び日本に所在する団体で、日本語で相談ができる窓口や日本人同士の交流を促進する団体は以下のとおりです。

1.新型コロナの流行が長期化する中で孤独・孤立問題が深刻化しており、日本政府は孤独・孤立問題担当大臣を任命する等の取り組みを開始しました。外務省及び当館は、在留邦人の孤独・孤立及びそれに付随する問題(DV、虐待、いじめ、メンタルヘルス等)に対し、邦人援護の一環として対応してきておりますが、今後、同分野に知見のある団体と連携して取り組んでいくことが重要であると認識しております。

2.デュッセルドルフ市をはじめとしてドイツ国内には、当館と協力関係にある複数の団体があり、以下のとおり日本語で相談できる窓口等があります。

(1)日本人高齢者の孤独・孤立、その他お悩み相談は、「竹の会」へ
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。(一般的な質問用)
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。(個別相談用)
ウェブサイト:www.takenokai.de
対面・電話相談は、「Bitte どうぞ」竹の会相談日に受け付けています。
日時:毎週金曜日(10 時~14 時)
場所:Zentrum Plus Oberkassel (ZPO)
Beratungsraum 内
Gemuender str. 5 40547 Dusseldorf
電話:0211-58677117

(2)在独邦人のメンタルヘルス、心の悩みの健康相談は、「ジャムズネット・ドイツ」へ
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ウェブサイト:www.jamsnet.de

(3)家庭内の問題、DV・性暴力などの被害問題は、「CHANCE」(※)へ
メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:0170-6570130(水14:00-18:00、木・金10:00-14:00)
ウェブサイト:https://www.frauenberatungsstelle.de/chance/
※DV・性暴力などの被害に遭われている方や家庭内の問題を抱えている方が日本語で(主に日本女性対象)相談することができるように、当館とfrauenberatungsstelle dusseldorf e.V.(デュッセルドルフ女性相談センター)が委託契約を結んで運営しているプロジェクトです。

(4)特に悩んでいるわけではないけれど、デュッセルドルフ在住で日本人同士の交流を持ちたいと思っている方は、「デュッセルドルフ日本クラブ」へ
ウェブサイト:https://www.jc-duesseldorf.de/index.php/jp/
なお、入会希望者で「紹介者」が居ない方は、入会申込書の「紹介者」欄に「事務局」と記載すれば大丈夫です。

3.そのほか、外務省では以下のリンクに掲載された国内のNPO団体と連携して、在留邦人の孤独・孤立及びそれらに付随する問題に対応しています。これら団体窓口では、日本語によるチャットやSNS相談等を受け付けています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/life/info20210707.html

(お問合わせ先)
○在デュッセルドルフ日本国総領事館
電話 : + 49 (0)211-16482-20(閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX : + 49 (0)211-16482-76
E-mail:  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

※総領事館からのメルマガ配信を停止されたい方は、以下のURLからお手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/menu?emb=duesseldorf.de