デュッセルドルフのカーニバル

中嶋 総雄

1972年、派遣教員としてデュッセルドルフ日本人学校に赴任。74年に現地採用となってからは当地(特にオーバーカッセル地区)の事情を知りたいと試行錯誤。幸いニーダーカッセルの射撃祭(村祭り)の団体幹部と知り合い、80年、彼の紹介でニーダーカッセル射撃祭団体に入会。同じ頃、デュッセルドルフ方言愛好会にも入り現地の人との交流を深めた。やがて地区のカーニバルの主催団体とも接触ができ、小3の担任をしていた81年、Veedelszoch(地区行列の方言)に初めて日本人学校も参加することができた。「蜜蜂マーヤ」の衣装で行進し大歓迎を受けた。
カーニバルとは「肉よさらばCarne vale」といった謝肉祭のことだが、地域によってその違いがあるのはご存じの通り。ドイツではマインツ、ケルンそしてデュッセルドルフが盛ん。世界で共通しているのはローゼンモンタークの日付がその年の復活祭から遡って48日になるくらいだといってもよいほど千差万別だ。
カーニバルが最高に盛り上がるのは、もちろんローゼンモンタークの行列だ。
この行列やすべての関連行事を取りまとめているのが Comitee Düsseldorfer Carneval e.V.。一番古い団体は1829年設立。現在70団体が所属している。Comiteeはカーニバルの主役の選出、行列の行程、TV-Sitzungの運営をする。
ローゼンモンタークの前の木曜日に、Altweiber(女性無礼講の日)がある。この日はいたるところで男性のネクタイを切る風習がある。市庁舎では11時11分、ド派手な衣装の女性たちが市長のネクタイを切りにくる。広場には舞台が組まれ陽気な音楽が流れる。

・デュッセルドルフのカーニバルの主役はPrinzと王女役のVenetia。
毎年各団体から推薦のあった人をComiteeが選出。12月末の就任式からAchermittwoch(灰の水曜日・カーニバル最終日)まで各催しに参加する。夜のパーティーや老人ホーム、病院慰問へと期間中500回近く朝から晩まで出かけるので、休暇を取って取組むこととなる。またかかる費用も莫大。王子は物語に出てくるような衣装。王女は正式のドレスが数着必要だ。会期中に配る自分たちの名前入りメダル、1個30ユーロ程を400個近く作成。すべて自前だ。会期中は運転手付きのベンツを委員会が用意してくれる。因みにケルンでは男性3人が王子、乙女、農夫になる。
・山車は毎年60台ほど。立体的で立派なものだ。各団体がテーマを決めて2ヶ月ほどRheinbahnの車庫に籠って作る。ほとんどがボランティア。山車にはトイレもある。95年頃、中学部用に作ってくれて参加した。青森のねぶたの武者絵をモチーフとしたものだった。

・新年になると各地で団体主催のパーティーがよく行われる。パーティーは屋内と野外の2種類。屋内のものをSitzungといい、市民ホールでのものがテレビで放映される。入場料は比較的安くて30ユーロ。漫談、音楽、踊りと3、4時間のプログラム。ホテルのホールなども会場となる。土地っ子の集まりなので方言を多く耳にする。自腹で芸人を呼ぶため最近では80ユーロ近くになるのもある。飲み物等も高めでちょっとした出費だ。野外のものをBiwakという。これは市内の広場で行われ、音楽と踊りが中心。週末の12時頃から2、3時間で終了する。主催者はユニフォームで参加しており、カーニバルの音楽が流れ雰囲気は屋内のものと変わらない。これは無料。
この時期、カーニバルのCDが発売される。「Altbier-Lied」は有名。行列の掛け声は、デュッセルドルフとマインツはHelauでケルンはAlaafと異なる。
・カーニバルの最終日、Aschermittwoch(灰の水曜日・今年は3月5日)の日、Hoppeditz(カーニバルの精霊)が火葬される。この儀式はStadtmuseumの庭で行われ、参加者は葬列を組んで行進する。多くの団体はこの日は魚を食べる。このHoppeditzはその年の11月11日に甦り、市庁舎前の広場にピエロの格好で登場。甦るまでの出来事を、ユーモアを交え市長と掛け合うので多くの人がそれを聞きに集まる。この日、カーニバルの開始が宣言される。
・ドイツ人の祭りの楽しみ方を知るには野外のパーティーBiwakが手頃。週末、Carsch-Haus前やSchadowplatzなどの広場で12時ごろから2時間ほどやっている。一番賑やかなのはアルトシュタットの市庁舎前。これは本格的で、舞台ではカーニバルの音楽、ラインダンスなどもあり、アーヘン、ボンのカーニバルの団体もやって来る。皆さんもぜひ輪の中に入り、陽気に騒ぎ、ドイツの文化を肌で感じては如何ですか。
(中嶋総雄氏よりデュッセルドルフのカーニバルについての資料、体験談を頂きまとめたものです。文化部・青木容子)

S.7