クレーフェルト動物園

Petra Schwinn(クレーフェルト動物園)


ペンギン、ゴリラ、色とりどりのたくさんの蝶たち・・・動物たちの世界へようこそ。
クレーフェルト動物園では動物たちが自然な形でとても身近に感じられ、家族連れでとても素晴らしい体験ができます。以下そのごく一部をご紹介します。

新しい「ペンギンワールド」2015年4月に登場する巨大なパノラマプールでは、水の中を飛ぶように自由に泳ぎ回るフンボルトペンギンたちを間近に見られます。
「蝶たちの楽園」ニーダーライン地方唯一の施設内には熱帯の植生がそのまま保たれ、訪問者はその中を通り抜けながら60種類もの鮮やかな極彩色の蝶たちが飛び回るようすに目を奪われます。
「ゴリラガーデン」多くの来場者を釘づけにするのは1200平方メートル(家10軒分!)のゴリラガーデン。現存する世界最大の霊長類(ゴリラ)も自由にのびのび動き回ってあり余るパワーを発散しています。
「ジャングル」熱帯雨林館には南米のジャングルが広がり、色鮮やかな鳥の楽園と化しています。
ほかにも広い敷地内を歩けばトラやジャガー、白豹、小さいパンダなどさまざまな動物を発見できます。

日本の象徴ともいえる鶴もいます。独日間の交流に長年関わってこられた日本人女性がここ何年も日本人社会と動物園との関係を深めるための活動に貢献してくださいました。そして2014年の春、日本クラブや日本の幼稚園や日本人学校の担当代表の方がたをお迎えして動物園の魅力を園長のドレーセン博士(Dr. Dreßen)が直接紹介する機会をつくっていただきました。この

交流の後、早速ある幼稚園園児が大勢訪問してくださったことを喜ばしく思っています。その際にはお礼のしるしとして動物園の広報担当のフラウ・シュビンに園児たちから折り紙で作った動物園がプレゼントとして手渡されました。
中高学年の生徒向けには「動物のためのお仕事」をテーマにしたプログラムも用意しています。日本人学校からも低学年の訪問が予定されています。クレーフェルト動物園では3年前から動物の名前を書いた標識に日本語名も添えてご案内しています。ホームページの一部、生息動物、入場料、開園時間などを日本語でご覧いただけます。
研究館では子どもたちが顕微鏡を使って観察したり、水生動物を池から採集したり、小さなペット動物たちと触れ合ったりと新たな世界を知る機会を得られます。特にお薦めなのは動物園の係による案内です。4歳以上の子どもや勿論大人向けに2時間、個人では知りえない動物の世界を詳しく案内します。子供の誕生日も演出できます。案内は英語かドイツ語、必要に応じて日本語の翻訳もご提供いたします。
お子さま連れのご家族には特別入場料の適用があります。大人2名、子ども4名まで一日券27,50 ユーロです。詳細はホームページ www.zookrefeld.de をお訪ねください。         (日本語訳 ASOBO!山片重信)

S.7 links

 

S.7 rechts