FORTUNA CORNER

7人の新加入選手がフォルトゥナへ

2018/19シーズンを10位で終了し、新シーズンもブンデスリーガの舞台で戦うこととなったフォルトゥナは、2年目の1部リーグでの戦いに向けて、積極的な補強を行っている。宇佐美貴史を始めとする数選手は昨シーズン終了をもってクラブを後にしたが、現時点で7人のニューフェイスがデュッセルドルフでの新しいスタートを切ろうしている。
昨季は両ワイドにベルギー人アタッカーを擁していたフォルトゥナだが(ベニート・ラマン、ドディ・ルケバキオ)、新シーズンはFWベルナード・テクペティ(FCシャルケ04よりレンタル加入)とFWナナ・アンポマー(ワースラント・ベフェレンより完全移籍)のガーナ代表コンビが多くの出場機会を得ることになるだろう。また2部リーグへの降格を余儀なくされたVfBシュツットガルトからは、GKフローリアン・カステンマイヤー(完全移籍)とMFエリック・トミー(レンタル)が加入したほか、中盤にはさらにFCインゴルシュタットからMFトーマス・プレドルと(完全移籍)、チャンピオンズリーグ優勝経験を誇るFCチェルシーからも元U21イングラウンド代表歴を持つMFレヴィス・バーカーがレンタル加入となった。そしてさらにもう一人、イングランドからのレンタルで新加入となるのがGKのザック・ステッフェンだ。このアメリカ代表GKは、アメリカメジャーリーグサッカーに所属するコロンブス・クルーからマンチェスター・シティFCに移籍し、2019/20シーズンはデュッセルドルフでプレーすることになる。

S10 links

アペルカンプ真大がトップチームに帯同

昨シーズン、フォルトゥナU19チームでキャプテンを務めていたアペルカンプ真大(18歳)は、2019/20シーズンよりドイツ4部リーグを戦うU23チーム所属となる。昨シーズン終盤にはU23チームの試合にも出場するなど、その能力の高さはすでに証明済みであり、新シーズンでも同チームのニコ・ミヒャティ監督から大きな期待を寄せられている。
そんなフォルトゥナ在籍5年目を迎えるアペルカンプだが、この夏はさらに特別な経験を積んでいる。日独ハーフMFはこれまでの約1か月間、トップチームに帯同することを許されており、すでにテストマッチにも数試合出場するなど、フリードヘルム・フンケル監督からも高い評価を受けている。本職はミッドフィルダーだが、両サイドのディフェンダーとしてプレーする機会も得ており、諸先輩らから多くのことを学んでいる。
アペルカンプは日本生まれ日本育ちではあるが、横浜にある東京横浜ドイツ学園に通っていたため、日本語とドイツ語を流暢に話すことができる。また中学生時代は三菱養和SCのジュニアユースに所属していたこともあり、日本人特有の卓越したボール技術を有している。2017年にはU17日本代表のアメリカ遠征に、また2018年には同U18代表のポルトガル遠征に選出されるなど、日本サッカー協会も注目する次世代を担うタレントの一人だ。この先の更なる成長と活躍に是非とも期待したい。

S10 rechts

 新シーズンは開幕から6試合の日程が発表に

DFL(ドイツプロサッカーリーグ)は、6月末に2019/20シーズンのすべての対戦カードを発表していたが、さらに開幕から6試合の日程も決定した。フォルトゥナは開幕戦はアウェーにて、8月17日(土)にSVヴェルダー・ブレーメン(大迫勇也)と対戦するほか、ホーム初戦は8月24日(土)のバイヤー04レヴァークーゼン戦となる。そのほか詳細は日本語HP(http://japan.f95.de/)の「試合日程」から。

日時 キックオフ 対戦相手
1 0817日(土) 15:30 SV Werder Bremen (A)
2 0824日(土) 15:30 Bayer 04 Leverkusen (H)
3 0901日(日) 18:00 Eintracht Frankfurt (A)
4 0913日(金) 20:30 VfL Wolfsburg (H)
5 0922日(日) 15:30 Borussia Mönchengladbach (A)
6 0929日(日) 15:30 SC Freiburg (H)

*H:ホーム試合、A:アウェー試合