日本クラブ活動あれこれ

1月26日(土)しょうゆ塾 〜食事をおいしくするものは〜

しょうゆと食事について学ぶセミナー「しょうゆ塾」を開催いたしました。今回は「日本食に興味を持っているドイツ人の方」にもご参加いただきたく募集をかけたところ、たくさんの方々にお越しいただけました。第一部のセミナーでは、キッコーマンの橋岡さま、宮崎さまにしょうゆの材料、作り方から楽しみ方、食事を美味しく頂くヒントなどをお話しいただけました。セミナー後の質疑応答では、「しょうゆの伝来はいつごろか」「材料となる塩はどこから持ってきているのか」など多彩な質問をいただきました。その後行われた試食会では、様々な食材を4種類のしょうゆとともに味わいました。本セミナーを通じて、しょうゆと和食への理解が一層深まれば幸いです。今回ご協賛頂き、素敵なお土産までご用意下さったキッコーマンさま、淀みないドイツ語通訳をしてくださった事務局のハッヘンベルクさんへ今一度お礼申し上げます。
文化部ボランティア

S12 links oben

 

TAIKO KIDS

私達TAIKO KIDSは、日独の幼稚園から中学生までの子供達で構成されている、インターナショナルな子供達の為の和太鼓クラブです。
和太鼓の演奏は、日本の伝統文化でありながら、全身に伝わる振音の迫力に親しんだり、リズムと音の強弱で、アンサンブルをつくったりと、音楽的要素、スポーツ的要素を兼ね合わせ、しかも、誰にでもすぐ親しめる事が大きな魅力です。
和太鼓の演奏を練習する事によって、日本の文化はもとより、リズムや運動バランス感覚を養うのと同時に、普段の環境や年齢の違う子供達が集い、規律を守り、協力し合う事によっての思いやりや、協調性を養う事を目標にしています。
1年間の間に、平和村や、世界子ども祭り等、10回程の発表の場があります。昨年は子供向けテレビショーへの出演もありましたが、何と言っても、日本デーでの大きな舞台が、1年間の稽古の目標です。今年も、日本デーに向って皆で頑張って毎週、稽古に励んでいます。
TAIKO KIDS 小島

S12 links unten

 

大人もはまる読み聞かせ

読み聞かせは子供にとても良いと言われている。集中力や想像力を育むほか、親子のコミュニケーションにも良いとされる。でも、子供に縁もない私がなぜ読み聞かせをしているのか。読み聞かせ会では、主に幼児や園児を対象に月一回行われる定例会、日本人学校と補習校の生徒を対象に年2回行われる学校読み聞かせ会、そして日本デーの子供テントでエプロンシアターや紙芝居を行っている。この世界には不思議な縁で引きずりこまれた。ずぶの素人だったが、絵本好きのメンバーに教わりながら、いろいろな本を読み聞かせた。童話や伝記もの、科学ものや落語絵本、宮沢賢治のように20分以上かかるものもある。最近、初めて「泣ける本」を担当した。喉がつまって声がでなくなってしまう。気持ちは込めたい、けれど、感情移入しすぎないように注意して。。。すると最後の山場で空気が変わるのを感じた。子供達の顔は見ていないけれど、きっと何かが届いたのだと思う。そう、これ。これがあるから、やめられない。こんな読み聞かせの世界を体験してみたい方、お待ちしています!              
読み聞かせ会 西條             

 S12 rechts oben

 

囲碁将棋同好会
毎週土曜日の午後、初心者から有段者、子どもからお年寄りまで、アットホームな雰囲気の中、囲碁、将棋を楽しんでいます。
羽生善治さん(将棋)、井山裕太さん(囲碁)が揃って「国民栄誉賞」を受賞されたことや、藤井聡太さん(将棋)の目覚ましい活躍で囲碁、将棋界への関心が高まっています。

◯囲碁や将棋☖をテーマとした小説、漫画、映画も色々あります。
物語を通して、囲碁や将棋の魅力に触れてみませんか?
名人(川端康成)、幻庵(百田尚樹)、盤上の向日葵(柚月裕子)
天地明察(冲方丁*映画化)、ダークゾーン(貴志祐介)
マンガでは、3月のライオン(*映画化)、ヒカルの碁、ひらけ駒等。

🌸新しいスタートの「春」🌸

日本でブームの「将棋」、世界でメジャーな「囲碁」
みなさんも(碁)一緒に  親しんでみませんか?
(土曜日13時30分~ 於:日本クラブ小会議室)

囲碁将棋同好会 乙守

S12 rechts unten