FORTUNA CORNER

首位ドルトムントから大金星!

第15節にホームでFCフライブルクと対戦したフリードヘルム・フンケル監督率いるチームは、宇佐美貴史のコーナーキックから、この日スタメンに復帰したカーン・アイハンが2度に渡りゴールネットを揺らし、2-0で今季3勝目を挙げることとなった。さらにその4日後には、今季唯一無敗のボルシア・ドルトムントをホームに迎え撃つことに。すると前半にドドィ・ルケバキオのゴールで先制すると、後半にはショーン・ツィマーが自身ブンデスリーガ初ゴールとなる豪快なミドルシュートを決め、リードを広げる展開。その後は終了間際に1点を返されるも、集中したディフェンスを見せたフォルトゥナが、首位を独走するチームから大金星を挙げることに成功した。そして年内最後となった、アウェーでの第17節ハノーファー96戦は、残留争いの行方を占う重要な一戦となる。相手には昨シーズンまでフォルトゥナで宇佐美とコンビを組んだ原口元気がスタメンに名を連ね、マッチアップした宇佐美と激しい攻防を繰り広げる。試合はどちらも譲らない一進一退の展開となるも、試合終了間際のロスタイムに、ジョーカーとして投入されたキャプテンのオリーバー・フィンクが値千金の決勝ゴールを決め、泥臭く勝ち点3点を獲得することとなった。これにより前期のフォルトゥナは、第14節が終了した時点で2勝9敗3分、獲得勝ち点9点で最下位に沈んでいたが、ここから快進撃によりラストスパートで3連勝を飾り、順位も14位まで上昇させてウィンターブレイクに入ることに成功した。

S8 links

後期開幕戦に勝利し、4連勝!

年明けからスペインキャンプでチーム強化を図ってきたフォルトゥナは、後期戦をアウェーで迎えることに。前期の開幕戦で1-2の惜敗を喫したFCアウグスブルクとの一戦では、宇佐美も5試合連続でスタメンに名を連ねたほか、前期無得点でスランプに陥っていたマーヴィン・ドュクシュの姿も。すると昨シーズンの2部得点王がついに沈黙を破る。前半終了間際、宇佐美が前線で巧みにボールをコントロールすると、左サイドのルケバキオにパス。これを受けたベルギー人アタッカーが左足でふわりとセンタリングを上げたところにドュクシュが頭で巧みに合わせると、ボールは相手ゴールに吸い込まれ、フォルトゥナに先制点が生まれることに。ところが1点リードで再開された後半は、アウグスブルクがフォルトゥナ陣内へ猛攻を仕掛ける展開に。そして64分には直接フリーキックから失点し、試合を振り出しに戻されてしまう。それでも勝利を目指すフンケル監督は、試合終盤に次々にオフェンスの選手たちをピッチに送り込む。すると89分、中盤でボールを奪い返したアルフレッド・モラレスからのロングパスにベニート・ラマンが抜け出すと、完璧なトラップから右足を一閃。これがアウグスブルクゴールネットを揺らし、結局これが決勝点となって、フォルトゥナが1部リーグでは1991年以来となる4連勝を達成することとなった。

S8 rechts

第22節から第28節までの日程が発表に。

DFL(ドイツプロサッカーリーグ)は、第22節から第28節までの日程を発表した。後期リーグにて宇佐美が所属するフォルトゥナは、日本人選手が所属する1.FCニュルンベルク(久保裕也)、アイントラハト・フランクフルト(長谷部誠)、ヴェルダー・ブレーメン(大迫勇也)、ハノーファー96(浅野琢磨、原口元気)をそれぞれホームで迎え撃つことになる。
なお、日程が決定したのは第28節までとなるが、対戦カードは全て決定している。こちらをチェックされたい方は、日本語HP(http://japan.f95.de/)の「試合日程」から。

日時 キックオフ 対戦相手
22 217日(日) 18:00 Bayer 04 Leverkusen (A)
23 223日(土) 18:30 1.FC Nürnberg(H)
24 32日(土) 15:30 FC Schalke 04(A)
25 311日(月) 20:30 Eintracht Frankfurt(H)
26 316日(土) 15:30 VfL Wolfsburg(A)
27 330日(土) 15:30 Borussia Mönchengladbach (H)
28 46日(土) 15:30 Hertha BSC(A)

 *H:ホーム試合A:アウェー試合


アウェーにてFCバイエルンを相手に、ルケバキオが3得点の大爆発。

代表ウィークを挟んで迎えた第12節は、アウェーでのドイツレコードマイスターFCバイエルン戦。7万人を超える大観衆が見守る中キックオフを迎えると、開始早々からカウンターで宇佐美がチャンスを作り、ドディ・ルケバキオが強烈なシュートを放つ(1分)。しかし徐々に押し込まれ始めると、圧倒的な差から前半のうちに2点を奪われてしまう。それでもフォルトゥナも前半終了間際、ショーン・ツィマーのパスからルケバキオがゴールネットを揺らし、後半に反撃ののろしをあげて後半に臨みを繋いだ。

しかし後半に入っても攻勢を強めるFCバイエルンは、ドイツ代表トーマス・ミュラーがこの日自身2点目となるゴールを決め、得点差を再び2点に広げられてしまう。それでもフォルトゥナもセットプレーなどで惜しいチャンスを作ると、78分にはカウンター攻撃から再びルケバキオがゴールを決め、1点差に迫ることに。その後は一進一退の攻防が続くも、FCバイエルンのロベルト・レバンドフスキが決定機を外した一方、フォルトゥナはロスタイムにカウンターから再び抜け出したベルギー人アタッカーが、三度ゴールネットを揺らすことに成功。これにより試合は3-3でタイムアップとなったが、フォルトゥナはアウェーの地でFCバイエルンを相手に2度の2点差を跳ね返す素晴らしいパフォーマンスを披露することとなった。
なおこの日のヒーローとなったルケバキオは、GKマニュエル・ノイアーを相手にドライヤーパック(3得点)を決めた初めての選手となっただけでなく、ミュンヘンの地でFCバイエルンを相手に3得点を記録した6人目の選手として、ブンデスリーガの歴史に名を残すこととなった。

S8 rechts

 

第15節から第21節までの日程が発表に

DFL(ドイツプロサッカーリーグ)は、第15節から第21節までの日程を発表した。フォルトゥナの後期リーグは、ウィンターブレイク明けの1月19日(土)に、アウェーにてFC Augsburgとの対戦からとなる。
なお、日程が決定したのは第21節までとなるが、対戦カードは全て決定している。こちらをチェックされたい方は、日本語HP(http://japan.f95.de/)の「試合日程」から。

S8 Fortuna