自由コラム

「150」

近年、「150」という数字をよく目にします。
日本と欧州諸国との、友好150周年(ドイツは2011年が、プロイセン(当時)との修好通商条約の締結から150周年でしたが、その後も毎年のように欧州諸国と150周年が目白押しだそうです)、江戸から東京への改称(東京府開設)から150年、北海道命名150年など。
今から150年前といえば、激動の1860年代。幕末と明治の大変革を起点とした歴史が脈々と現代につながっているのを感じ、はるか昔、教科書で習っただけだった幕末・明治維新を少しだけ身近に感じました。
さて「150」といえば、今回の日本人会報(2018年10月)も、記念すべき第150号です。第1号が1991年6月との事ですので、27年の歴史を積み重ねてきました。
歴史を積み重ねてきて下さった先代の方々の努力と苦労に感謝し、私も日々を大切に過ごしていこうと心に決めながら、秋の夜長は今夜もまた、お酒と共にいたずらに過ぎていきます。。。

編集委員 武井 裕次郎