自由コラム

芝生好きだけど?

ガーデニング好きには、青々とした芝が敷かれた庭はやはり憧れです。わが家も芝を敷きたいと考えていました。隣近所の庭は、専門業者が整地から芝敷きまで素早く作業をこなしていましたが、我が家では、家族総出でこの作業をしました。まず、芝生に適した庭を造るため、庭中の土を掘りおこし、大小の石の撤去と、土の入れ替えをしなければなりませんでした。この作業はかなりハードで大変でした。次に、土を耕し整地、芝の種を植え付け、肥料を与える作業をしました。これで一通りの作業が終了。それから、青々とした立派な芝が育つまで、数カ月間は毎日欠かさず水やりが必要でした。こうして育った芝は、日差しの強まる真夏には、帰宅後の水やりと週1回の芝刈りと除草、また、冬の間には、枯れ葉の除去と「エアレーション」と目土入れ、肥料やりと時期毎にこまめな手入れが必要となります。でも、刈った芝の匂いと綺麗に剪定された芝の青々とした緑は本当に気持ちが良く、目にも優しく心を和らげてくれます。公園に桜やタンポポ・レンゲが綺麗に咲きほころぶ春、抜いても抜いても生えてくる一番厄介な芝生の敵、雑草も繁殖する。そして、美しい芝生を管理するために、私と雑草との終わりのない戦がまた始まるのである。

編集委員 内間 ゆかり