総領事館から

ボーフムにおける日本デーの開催

7月21及び22日、ボーフム市に所在する州立語学研究所(LSI)にて「ボーフムにおける日本デー」を開催しました。
初日はパシャ・デュースブルク・エッセン大学教授による基調講演:「日本の将来:日本経済の新発見」に引き続き、パネルディスカッションを行い、ヴァシックLSI所長からも「日本との間でこれほど問題を共有できるとは思わなかった」とのお言葉を頂きました。

S 2 links oben
パネルディスカッションの様子

二日目は太鼓のコンサート、囲碁、生け花、剣道演武、紙芝居、漫画の描き方入門、日本語体験講座、着物・コスプレファッションショー、J-POPコンサートといった多彩な日本文化を発信し、ボーフム市及び周辺地域から約600名の方々にお越し頂きました。この他、水内総領事による講演、筑波大学による学術交流の紹介、日本企業ブースにおける各社製品の広報等を行い、多くの来場者の方々にご満足頂くことができました。

福島県副知事の来独

東日本大震災以降、福島県とノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州は、医療機器と再生可能エネルギー両分野で協力覚え書きを締結し、緊密に連携しております。8月27日から30日にかけて畠・副知事が当地を訪問し、医療分野の協力覚え書きの延長に関する署名を行うとともに、エッセン市庁舎内での福島セミナーにおける講演や企業訪問などを精力的に行いました。また、同行した品川・郡山市長とクーフェン・エッセン市長との間で、両市間の新たな協力関係の構築について意見交換を行いました。

S 2 links unten
当日の様子

学校法人藤井学園と聖ベルンハルト・ギムナジウムのパートナーシップ調印式

9月20日、ヴィリッヒ市庁舎のあるネールゼン城において、香川県丸亀市に所在する学校法人藤井学園(中・高等学校)と、ヴィリッヒ市に所在する聖ベルンハルト・ギムナジウムによるパートナーシップ覚え書きへの調印式が執り行われました。藤井学園を代表して藤井睦子理事長、聖ベルンハルト・ギムナジウムを代表してマルグレート・ペータース校長とパトリック・ホーフマッハ-・マルテ-ザー財団理事がそれぞれ覚え書きに署名しました。調印式にはヨーゼフ・ハイエス市長をはじめヴィリッヒ市・市議会の代表者、稲留康夫ヴィリッヒ日本人会会長、水内龍太総領事も出席しました。冒頭、藤井睦子理事長によるピアノ演奏も行われました。
丸亀市とヴィリッヒ市とは将来の姉妹都市提携をも念頭に交流を進めており、今回提携された両市の学校間のパートナーシップにより、両市の交流が益々活発になることが期待されています。

空き巣、スリ、交通事故にご注意を!

《空き巣の現状と対策》
[現状]
◆冬時間に移行する10月以降に空き巣被害が増加し、発生時間は午後3時から午後10時までが多数
◆侵入経路の80%が窓で、このほか玄関ドアや地下室の小窓からも侵入
◆多くがマイナスドライバーで窓をこじ開ける手口で、窓ガラス全体を割ることは少ない
◆留守宅を狙い短時間で現金や貴金属等を盗む
◆犯人は普通の衣服を着ており、外見では見分けられない
◆空き巣は被害者に財産的損害と精神的なダメージを与える

[対策]
◆室内照明やテレビ・ラジオ等を活用して留守を外部から悟られないように工夫
◆外出時は全ての窓とドアを確実に施錠
◆窓は把手部とガラス、ドアは鍵を最新の防犯設備で強化
◆貴重品は金庫で保管
◆家を新築する前にメールか電話で警察に防犯相談
◆不審者を見たり、被害に遭ったらすぐに110番通報(家の中に犯人がいたら110番通報して屋外で待機)
◆隣人と仲良くして相互に協力

《すり・置き引き対策》
◇外出時は財布の中身と所持品を最小限にする(特にカード類は少なくする)
◇カードの暗証番号はメモせずに記憶する
◇免許証や旅券の「写し」は安全な場所で保管(警察への届出や再発行に有効)
◇財布は身体と接した場所に収納し、荷物は常に視野の中に置く
◇人混み、エスカレーター、電車・バス、ホテルのフロントは要注意
◇車内に貴重品を放置しない
◇被害に遭ったら、まずは110番!現在地を忘れずに告げること
◇被害者支援ダイヤル「116-116」ではクレジットカードやキャッシュカードの一括停止が可能

《交通事故防止の対策》
◆ドイツと日本での交通環境は大きく異なります。
 ・道路環境(右側通行、交通規制方法、路脇駐車、車道と歩道との緩衝部が狭いなど)
 ・運転傾向(高速度、車間を取らない、頻繁な車線変更、方向指示器を出さない)
◆特にこれからの季節は、暗い時間帯が長くなり、運転者の視認状況は悪くなります。
◆歩行者(自転車)は、反射材などの着用をおすすめします。

10月~12月の休館日

・10月03日(火) ドイツ統一記念日
・10月31日(火) 宗教改革記念日
・11月01日(水) 万聖節
・12月25日(月) クリスマス(第一日目)
・12月26日(火) クリスマス(第二日目)