自由コラム

この四股名、何と読む?

天空海」「大当利」「鳰の海」「阿武咲」…これらは全て力士の四股名(しこな)です。さて、どのように読むでしょうか?
四股名は、大相撲力士が名乗る名前のことです。苗字、名前とも本名と異なる名を名乗ることができます。過去には「自動車 早太郎(じどうしゃ はやたろう)」「おだやか 常吉(つねきち)」などの変わった四股名も存在したと伝わっています。
また「高安」「宇良」「遠藤」のように本名をそのまま四股名として使い続ける力士も居ます。例えば高安関は、西暦600年代発祥といわれる「高安家」の出身。その苗字を四股名として使ってほしいという一族からの願いを受けて、本名と同一の四股名で相撲を取り続けています。四股名には本人をはじめ多くの人の想いが込められていることがよくわかるエピソードです。
ちなみに冒頭の答え合わせは「あくあ」「おおあたり」「におのうみ」「おうのしょう」です。それぞれの由来についてはまたの機会に。

編集委員 小島 奈緒美