FORTUNA CORNER

FORTUNA CORNER
テレコムカップ2017で好パフォーマンス。

2017年01月14日(土)、今年で7回目となるテレコムカップがデュッセルドルフのESPRITアリーナで開催され、ブンデスリーガ1部リーグに所属するバイエルン・ミュンヘン、ボルシア・メルヒェングラードバッハ、1.FSVマインツ05の3クラブに加え、フォルトゥナ・デュッセルドルフが参戦することとなった。45分1本の変則トーナメント大会は、1回戦でフォルトゥナがレコードマイスターのバイエルンと対戦。ヨーロッパトップクラスの選手たちが次々にフォルトゥナディフェンス陣へ襲い掛かるも、集中した守備を見せると、逆にMFカーン・アイハン、FWロウヴェン・ヘニングスを中心に鋭いカウンター攻撃で応戦し、一進一退の試合内容となった。結局試合は45分間では決着がつかず、PK戦にもつれ込んだが、最後はフォルトゥナが世界最高GKのマニュエル・ノイヤーの前に苦渋を舐める結果となった。しかし素晴らしい戦いを演じたフォルトゥナの選手たちへ、多くの賛辞が送られることとなった。
3位決定戦に回ったフォルトゥナの相手は、2回戦でマインツに敗れたボルシアMG。試合はチャンピオンズリーグ出場クラブを相手にフォルトゥナが積極的に攻撃を仕掛ける展開に。すると電光石火のカウンターから、アイハンが先制ゴールを奪うことに成功する。さらに19歳FWのエマニュエル・イヨハが加点し、あっという間にリードを2点に広げると、その後はドイツ代表のクリストフ・クラマーらを相手に完璧なディフェンスを見せたフォルトゥナが、2-0でこの試合に勝利し、3位を確定させることとなった。
なお、決勝戦はバイエルンが2-1でマイツを下し、今年のテレコムカップの優勝を飾っている。

S.8 links

トップチームに2選手、U23チームにも橋本ら3選手が新加入。

フォルトゥナはこの冬に、2人の新加入選手を迎えた。1人目は18歳DFギュルカン・ギュル。ドイツU19代表でもあるタレントが、同じリーグのライバルクラブVfLボーフムから完全移籍で加入することとなった。また、こちらも同じ2部リーグに所属するハノファーより、23歳のDFアンドレ・ホフマンがシーズン最後までのレンタルでデュッセルドルフへやってきた。なおホフマンには条件付きの買い取りオプションが付いている。一方でDFユリアン・コッホがハンガリー1部所属のフェレンツヴァーロシュTCに完全移籍したほか、FWケマール・ルツガーはドイツ3部のVfLオスナブリュックへ、またFWマイキー・ンゴンボはイングランド3部のミルトン・キーンズ・ドンズFCへ半年間のレンタル移籍となり、経験を積むことになる。
また、ドイツ4部リーグを戦うU23チームは、ヴァッタンシャイト(同ドイツ4部リーグ)からDFマルテ・ベラウアーを、またバンクーバー・ホワイトキャップスからカナダA代表のMFキアンツ・フローセを獲得したほか、SCウェスト(ドイツ5部リーグ)から、橋本峻弥(21歳)が新加入することになった。橋本は青森山田高校時代に全国高校選手権大会を経験しており、横浜桐蔭大学に進学後、大学2年次の冬に渡独し、1年間ドイツ5部リーグでのプレーを経て、フォルトゥナへ新加入することとなった。

S.8 rechts

後半戦は第28節までと、33節・34節の日程が発表に。

DFL(ドイツプロサッカーリーグ機構)は、第28節までと、33節/34節の日程を発表した。その他、最新ニュースやチケット情報など、フォルトゥナに関する情報は、日本語HP(http://japan.f95.de/)から。
その他、最新ニュースやチケット情報など、フォルトゥナに関する情報は、日本語HP(http://japan.f95.de/)から。

s8 hyou