FORTUNA CORNER

FORTUNA CORNER
フォルトゥナが好演を維持。

昨季は最終節までブンデスリーガ2部残留をかけた戦いを強いられていたフォルトゥナだが、今シーズンは開幕から安定した戦いを見せている。第14節を終えた時点で6勝3敗5分とし、獲得勝ち点は23点(6位)で3位ハノーファーまでも2点差という好位置につけている。

そんな好調のフォルトゥナだが、フンケル監督は、怪我人が多く出ていたチーム事情もあるが、積極的にアカデミー出身の選手を次々に起用している。FWエマニュエル・イヨハ、MFタイラン・ドゥマン、DFアンダーソン・ルコクィの19歳トリオのほか、U23チームから昇格を果たしたDFロビン・ボムートも出場の機会を得ており、そのボムートはハノーファー戦で値千金の同点ゴールを決めるなど、好調のチームにしっかりと貢献している。若手とベテランが融合したチームが更なる快進撃を続けていくには、シーズンを通じて怪我人をいかに減らしていくかが、大きなポイントになっていくであろう。

金城ジャスティン俊樹選手がブンデスリーガ2部デビュー。

昨季の1月に新加入し、トップチームで日々厳しいトレーニングを積んできた金城ジャスティン俊樹(19歳)が、古巣である1860ミュンヘン(第9節)との一戦で、ブンデスリーガ2部デビューを果たした。3-1で勝利した試合の後半終盤に投入され、タイムアップと共にチームメートらとピッチ上で勝利を分かち合った。金城は開幕前のオーストリアキャンプで膝に重症を負い、2ヶ月近い離脱を強いられていたが、しっかりとリハビリを続け、今回のデビューを掴み取った。また、1-6の敗戦となったハノーファーとのドイツ杯2回戦では、30分近くプレーするなど、更なる経験を積んでいる。

S.8 links unten

日本人学校2年生がESPRITアリーナ見学会へ。

毎年恒例となっているデュッセルドルフ日本人学校2年生のスタジアム見学会が11月14日(月)に行われ、フォルトゥナのユニフォームを着た68人の子供たちが、地下鉄U78に乗ってESPRITアリーナへやってきた。子供たちは、スタジアム併設の警察署や、普段入ることのないVIPエリアを見学しただけでなく、ピッチレベルまで下りてベンチに座ったり、試合当日に選手たちが使うロッカールームではピクニックを楽しんだ。また、この日は見学会の最後には金城ジャスティン俊樹選手がサプライズ登場し、即席のサイン会が開かれるなど、思い出いっぱいのイベントとなった。

S.8 rechts oben

テレコムカップ2017でフォルトゥナとバイエルンが激突。

今回で7回目を数えるテレコムカップが、デュッセルドルフのESPRITアリーナで開催されることが決定した。参加クラブはフォルトゥナのほか、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・メンヒェングラートバッハに加え、武藤嘉紀選手が所属する1.FSVマインツ05も出場する。45分1本の変則トーナメント大会で、必ずすべてのチームが45分を2回プレーすることになる。同大会の詳細は以下の通り。

日程 2017年01月14日(日)
場所 ESPRITアリーナ  
対戦カード    第1試合 15:00
フォルトゥナ vs. バイエルン
第2試合 16:15 ボルシアMG vs. マインツ
3位決定戦 17:15 第1試合の敗者 vs. 第2試合の敗者
決勝戦 18:45 第1試合の勝者 vs. 第2試合の勝者
チケット販売 フォルトゥナオンラインチケットセンター
http://ws05.dticket.net/ticketshop/)先行チケット売り場 *HP参照
コールセンター(0211-23 700 1895)  

その他、最新ニュースやチケット情報など、フォルトゥナに関する情報は、日本語HP(http://japan.f95.de/)から。