日本人学校のページ

小学部1年生 秋の遠足「クレーフェルト動物園」

小学部1年学年主任 中山 孝

9月30日、小学部1年生はクレーフェルト動物園に行きました。動物園では動物たちを間近に見ることができ、熱帯雨林館では目の前を横切るカラフルなトカゲや足元の川に潜むワニに、熱帯サル館では人間を警戒し、雄叫びをあげてガラス越しに威嚇してくるゴリラやチンパンジーの迫力に、子どもたちは興奮冷めやらぬ様子でした。また、アシカの餌やりの様子も見学でき、大きな体で華麗なジャンプをしながら水槽の中を自在に泳ぎまわるアシカの姿や、勢いよく飛び散る水しぶきに大喜びの子どもたちでした。
動物園には日本語で表記された動物の案内板もあり、片仮名の学習が終わったばかりの子どもたちは、コビトカバ、スマトラトラなど片仮名で書かれている動物の名前を得意げに読み上げ、楽しむ姿も見られました。
動物の可愛いらしさを感じたり、様々な動物の生態を見て学んだり、さらにはたくさんの片仮名の学習もでき、有意義な時間を過ごすことができました。


S4 links oben klein


小学部2年生 秋の遠足「ブリュッゲン自然動物公園」

小学部2年担任 別所 研人

9月30日(金)にブリュッゲン自然動物公園に行きました。前日までは、雨が心配される予報でしたが、徐々に天気が回復し、当日は晴れ間も見られる天候になりました。当日までには、各クラスの実行委員を中心に計画を立て、取り組んできました。午前中は動物園の見学を、午後は遊具広場での活動を班行動で行いました。動物へのえさやり体験では、初めは恐る恐る山羊にえさをやる子がいましたが、慣れてくると積極的に優しく声を掛けながらえさやり体験に取り組める子が増えてきました。また、お昼ご飯を食べた後は、恒例のおやつ交換で楽しく過ごすことができました。遊具広場での活動では、トランポリンで体を動かしたり、ターザンロープや滑り台、手動式のジェットコースター等で汗をびっしょりとかいて楽しんだりすることができました。一日を通して、班長を中心に、皆で声を掛け合いながら、楽しい一日を過ごすことができました。


S4 links unten klein

小学部3年生 秋の遠足「デュッセルドルフ市を散策」

小学部3年学年主任 前島 伸好

3年生から社会の学習が始まります。「わたしたちの町」という学習で、デュッセルドルフ市のことを調べました。実際に住んでいるけれど、意外と知らないことがたくさんありました。そして今回の遠足では「Hop On Hop Off BUS」に乗り、市内の施設を見てまわりました。子どもたちは真っ赤な2階建てバスに大興奮で、車内放送の日本語オーディオガイドも聞き取りににくくなるほど、楽しそうでした。でもしっかりと車窓から見るデュッセルドルフ市を堪能しました。
またベンラート城にも足を伸ばしました。ピンクのお城を初めて見た子は、感動した様子で、「誰が住んでいたのかな?」など興味を持ち、遠足のしおりに書かれた情報を調べる子もいました。お弁当を食べた後、ウォークラリーを行い、自然豊かな庭園も楽しむことが出来ました。
今回の遠足では、社会科の学習内容を更に深めることが出来たとともに、友だちとも楽しく触れ合うことができました。


S4 rechts oben klein

小学部4年 秋の遠足「クサンテン」

小学部4年学年主任 豊田 悦子

「明日のゲームラリーができますように!」4年生全員の願いでした。心配されていた天気も子どもたちの願いが通じ、雨に降られることもなく出発できました。Xanten(クサンテン)は、ローマ時代の遺跡がある場所です。広大な敷地が子どもたちの遊び心をくすぐります。今回の遠足では「学年の絆を深めよう!」の合言葉のもと「ス・テ・キ・なゲームラリー」を開催しました。地図を片手にグループで協力してそれぞれのポイントを探します。また、建物の近くにに待ちかまえている先生を探し出し、先生から与えられる課題をクリアーしなければなりません。グループで相談しながら真剣にゲームラリーに取り組む子どもたちの姿は、本当に微笑ましく、楽しくて仕方ないという表情が見られました。ゲームラリーの後は、お楽しみのお弁当です。お母さんが心をこめて作ってくれたおいしいお弁当に子どもたちは大満足でした。この遠足を通じて、さらに学年の絆が深まったことは間違いありません。ご家庭でも遠足の話に花が咲いたことでしょう。


S4 rechts unten klein