FORTUNA CORNER

FORTUNA CORNER
若手とベテランが融合した新チームが上々の滑り出し。

昨シーズン、多くの新加入選手を獲得したにも関わらず、期待した結果を出すことが出来なかったフォルトゥナは、3月に新しく就任したロベルト・シェーファー会長主導の下、育成型クラブに向けた大きな舵を切ることとなった。まずはチームの中でも中心である経験豊富なベテラン選手を選定し、それ以外の高額選手たちを放出する人員整理を敢行することに。そしてこれまで自クラブのユースアカデミーから選手をあまり昇格させることが出来ていなかった部分を改善するため、U19チームより3選手、またU23チームからも2選手をトップ昇格させる決断を下している。また、昨季残り10試合で2部残留を達成したフリードヘルム・フンケル監督と共に、中長期的な目標を設定し、新たな船出となった。
また、新加入選手に関しても、できるだけ23歳以下の選手に絞ってスカウティングを進め、ハングリー精神を持った成長意欲の高い選手を獲得するに至った。唯一足りなかったパーツであるフォワード探しは難航したが、若い選手の中では該当者を見つけることができなかったため、すでに実績を持った選手探しを進めた結果、2シーズン前に、カールスルーエでブンデスリーガ2部得点王に輝いたロイヴェン・へニングスの獲得に成功。これにより、生まれ変わった新生フォルトゥナの挑戦が始まることとなった。なお9月28日現在、7試合を消化して2勝2敗3分で8位につけており、上々の滑り出しとなっている。

S8 links klein

Jリーグアカデミーダイレクター研修を受け入れ。

フォルトゥナでは9月23日から28日の間、Jリーグチームのアカデミーダイレクター研修を受け入れることとなり、J1・J2合計で11クラブのアカデミーダイレクター(またはその代行)が来独した。この6日間では、U17、U19、U23チームの試合を視察し、それぞれのチームの監督からフィードバックを受けただけでなく、各チームに所属する日本人選手(アペルカンプ真大、伊藤遼哉、およびトップ所属の金城ジャスティン俊樹)とも交流を図った。
また講義には、ユースアカデミーからスポーツダイレクター、マーケティング担当、個別アスレティックコーチ、U18監督だけでなく、クラブとしてはフンケル監督、シェーファー会長、スカウトチーフも講師を担当し、多くの情報提供を行った。またブンデスリーガクラブとアマチュアクラブの間をとりまとめる存在でもあるDFB(ドイツサッカー協会)主導のシュトゥッツプンクト(日本のトレーニングセンターに相当)の活動を見学したり、同様にDFBが認定しているエリート学校にも訪問しレクチャーを受けるなど、多くの取り組みを知る貴重な経験となった。なおこの研修団は、ドイツ研修前半のハイライトとしてチャンピオンズリーグのドルトムントvsレアルマドリードを堪能し、次の目的地となるフライブルクに向けて出発した。

S8 rechts klein

第01節から第07節までの日程が発表に。

DFL(ドイツプロサッカーリーグ機構)は、第8節から第14節までの日程を発表した。また10月にはドイツ杯2回戦も控えており、フォルトゥナは10月26日(水)にアウェーでハノーファーと対戦する(キックオフは18:30)。その他、最新ニュースやチケット情報なども含め、フォルトゥナに関する情報は、日本語HP(http://japan.f95.de/)から。

日時 キックオフ H/A 対戦相手
8 1001日(土) 13:00 H Karlsruher SC
9 1016日(日) 13:30 A TSV 1860 München
10 1021日(金) 18:30 H DSC Arminia Bielefeld
11 1029日(土) 13:00 A 1. FC Union Berlin
12 1104日(金) 18:30 H SG Dynamo Dresden
13 1120日(日) 13:30 A FC St. Pauli
14 1125日(金) 18:30 H Hannover 96