耳よりコ-ナ-生活編

やじ馬訪問レポート
アイスクリーム屋を訪ねての巻

Pia新商品、 今年の夏はキャラメルピスタチオ!

デュッセルドルフに住んでいたら誰もが一度は噂を聞いたことのあるアルトシュタットのアイス屋さん、「Pia」。創立は1971年、現在の店主の叔父さんがデュッセルドルフで開店。店名の由来は、創立者の奥様の名前であるらしい。その10年後、現在の店主がお店を引き継いだ。
30種類以上あるアイスの基本レシピは創業以来変わらないが、新商品の開発にも余念が無く、毎年新商品を発表し続けている。今年の新商品は、「キャラメルピスタチオ」や子供に人気のお菓子「ハヌタ」味。キャメラルピスタチオは、キャラメルの綺麗なブラウン色に、意外とあっさりした味わいで、今年の夏に大ヒットの予感!店主の絶え間ない努力が伺える。例年、冬になると故郷のイタリアに帰り、レミニとローガローメにある大きなアイスメッセに出向き、最新のアイス事情を研究する。また、「Uniteis e.V.」というイタリア人のみが所属できるドイツのイタリア人アイスクリーム協会のメンバーとして、ネットワーク作りや情報交換に精を出す。こうすることで、常にアイスの新商品や最新の器具に関する知識を仕入れるそうだ。アイスの材料も、店主自らが厳選したイタリア製の材料(例えばアルバ産のナッツ)とドイツ製のミルクや生クリームを使用している。
お客さんの幸せそうな笑顔で一杯な店内では、スパゲッティアイスや厳選されたイタリアンコーヒー豆の美味しいコーヒーも頂ける。ちなみに、店主は日本食が大好きで、日本に帰国後もドイツに遊びにきたら必ずお店に来てくれる日本人の友人もいるそうだ。

S 6 links klein

30種類以上あるというPiaの豊富なアイス

110年のレシピを誇るアイスクリーム屋さん

1906年に創設された「Unbehaun Eiscafé」は、デュッセルドルフ中心街からはずれた、目立たないところに昔ながらのお店をかまえている。創立者 Unbehaun というドイツ人の方から40年ほど前より Fabio Osmieri というイタリア人の方が、ここを引き継いでいる。アイスクリームといえばイタリアが本場であると自慢をされる方も多いと思われるが、ここは創立以来のレシピを守り、種類もイチゴ・バニラ・レモン・ナッツ・チョコレートの5種のみで勝負しており、一見の通り客を期待するのではなく、来た客はつかんで離さないという味を誇っているのである。
天気の良い日は、長蛇の列が並び、お店の周りには大きなゴミ箱が広く設置され、各所で思い思いの形でアイスを食している。
無論人それぞれが味覚・嗜好を持っており、中にはここのアイスは甘みが薄く食べた気がしないという方もおられる。しかしこの甘さ加減、そして口の中に広がるこのコクのある味わいはいくら食べても飽きさせないというのがここの110年の自慢のレシピである。

S 6 rechts klein

中央、経営者の甥にあたるOsmieri氏よりお店の説明を受けた

今年の夏は、昔ながらのアイス屋さんの味と、新商品のアイスの味を是非食べ比べてみてください!
生活部  檜山五郎 河添良子
Eiscafé Pia
住所:Kasernenstraße 1, 40213 Düsseldorf
Tel. 0211-326233
営業時間:無休 10:00~22:00(日・祝日 13:00~22:00)

Unbehaun Eiscafé
住所:Aachener Str. 159, 40223 Düsseldorf
Tel. 0211-153575
営業時間:無休 10:00~23:00(10月末~2月末休業)