総領事館から

当地日系企業のNRW Invest Award受賞

6月22日、ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州の経済振興公社(NRW Invest社)が主催のNRW Invest Awardの授賞式において、日本とドイツのジョイントベンチャー企業であるサイバーダイン・ケア・ロボティクス(Cyberdyne Care Robotics)社が同賞を受賞いたしました。
NRW Invest Awardは、NRW州内において、景気の刺激、雇用の創出、イノベーションの創出等の観点から優れた投資事業を行った企業に対して、毎年1回賞を授与するものであり、今年で第11回目の開催となります。
今回同賞を受賞したサイバーダイン・ケア・ロボティクス社は、2011年にNRW州ボーフム市に設立された日独のジョイントベンチャー企業であり、筑波大学の山海教授が開発したロボットスーツ「HAL」を用いて、下半身麻痺の患者等に対して歩行訓練を実施しております。
授賞式当日は、冒頭にNRW州経済省のデュン大臣、ヤコビー局長及びNRW Invest社ヴァスナー理事長から挨拶があり、その後、嶋﨑総領事から、サイバーダイン・ケア・ロボティクス社の功績を紹介した後、同社の紹介ビデオが放映され、デュン大臣、ヴァスナー理事から同社に対し、トロフィー、証書が授与されました。なお、本年はサイバーダイン・ケア・ロボティクス社の他、中国及びトルコの企業が同賞を受賞しております。

S.2

写真:NRW Investホームページより


 選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられます

公職選挙法の改正により、2016年6月19日以降初めて行われる衆議院議員総選挙又は参議院議員通常選挙から、投票に際しての選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられることとなりました。
これに伴い、海外からの投票に必要な在外選挙人名簿の登録申請は、2016年6月19日において満18歳以上(1998年6月20日以前の出生)で、所定の要件を満たす方であれば、2015年6月19日(改正法公布日)以降、受付が可能となります。
海外からの投票には、あらかじめ在外選挙人名簿に登録され、在外選挙人証を取得しておくことが必要です。年齢満18歳以上(2016年6月19日現在で満18歳となる方も含む)で、在外選挙人証をお持ちでない方は、住所を管轄する在外公館でお手続願います。詳しくは、最寄りの在外公館にお問合せいただくか、以下のホームページを御覧ください。

外務省ホームページ:
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html
総務省ホームページ:
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/senkyo_nenrei/index.html

 


スマートフォン向け「外務省海外安全アプリ」の案内

外務省では、平成27年7月1日にスマートフォン(iOS及びAndroid)向けの「外務省・海外安全アプリ」を公開しました。このアプリは、海外で自然災害やテロなどの事件に日本人が巻き込まれるケースが発生したことを受け、海外にお住まいの方や、海外旅行・出張される方に海外安全情報をお届けするために開発したものです。ご自身やご家族の安全確保のために是非ともご利用下さい(利用は無料)。
また、昨年から運用を開始した外務省海外旅行登録「たびレジ」も併せてご利用ください。
1 スマートフォンのGPS機能を利用して現在地及び周辺国・地域の渡航情報を表示することが出来ます。
2 任意の国・地域を「MY旅行情報」機能から選択することで、その国・地域に対する渡航情報が発出された場合にプッシュ通知で受信することが出来ます。
3 各国・地域の緊急連絡先を確認することが出来ます。
4 アプリのダウンロードは以下のリンク先からできます。
http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=886&m=7896&v=8484b99b

海外へ渡航される皆様へ
(海外で注意すべき感染症について)

夏休み期間中は多くの方が海外へ渡航される時期です。海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適な旅行となるよう、海外で注意すべき感染症及びその予防対策についてお知らせいたします。
2014年7月1日より、外務省海外旅行登録「たびレジ」を開始しています。海外旅行にお出かけになる方は、以下の専用サイトからご登録いただくと、渡航情報や緊急事態発生時の連絡メールを受け取ることが出来ます。是非ご登録をお願いします。
(たびレジ)
http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=881&m=7896&v=b59c8eec
また、上述の「海外安全アプリ」もあわせて是非ご利用ください。

海外での感染症予防のポイント

(1)渡航先や渡航先での行動内容によって、羅患する可能性のある感染症はさまざまです。海外で感染症にかからないようにするために、感染症に対する正しい知識と予防方法を身につけましょう。具体的には以下のリンクをご参照ください。
(厚生労働省:夏休み期間中における海外での感染症予防について)
http://www.deliver.emb-japan.go.jp/c?c=883&m=7896&v=6ca742e3
(2)渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは、食べ物や水を介した消化器系の感染症です。水や食べ物から感染する消化器系の感染症(A型肝炎、E型肝炎、コレラ、赤痢、腸チフスなど)は、開発途上国など公衆衛生の整備が不十分な地域での感染リスクがより高いので、以下のことに注意しましょう。
○手洗いをこまめにしましょう。
○生水を飲まないようにしましょう。
○氷を避けましょう
○完全に火の通った食べ物を食べましょう。
○サラダや生の野菜は避けましょう。
(3)海外の感染症に関する情報は、厚生労働省検疫所及び外務省のホームページから入手することが可能です。出発前に渡航先の感染症発生状況等に関する情報を入手することをお勧めします。

9月と10月の休館日

● 9月23日(水)秋分の日
●10月12日(月)体育の日