日本商工会議所だより

2015年 JIHK 賀詞交歓会のご報告

昨年会員企業より約160名のご参加を頂き、好評を得た第1回目の賀詞交歓会に続き、本年1月28日(水)18時よりホテルニッコー「ダヴィンチ」で当会議所主催の賀詞交歓会を開催致しました。
第2回目となる今回の賀詞交歓会では、来賓として嶋﨑総領事、ガイゼル・デュッセルドルフ市長をはじめ、デュッセルドルフ商工会議所・レーナー会頭、NRW州経済省・ヤコビ官房長、NRW. INVEST GmbH・ヴァスナー理事長にお越し頂き、また、会員企業からは昨年を大きく上回る200名以上の方々にご出席を頂き、大変盛大な会となりました。

小林会頭の開会のご挨拶によりスタートし、会の冒頭にはご臨席のガイゼル市長、嶋﨑総領事からもご挨拶を頂きました。ガイゼル市長からは、新年のお祝いとともに市と当地日本人社会との強い絆について、またデュッセルドルフ市が「ライン河畔の小さな東京(Klein-Tokio am Rhein)」と呼ばれることを誇りに思っているということ、これからも日系企業をサポートしていくということをお話し頂きました。続いて嶋﨑総領事からは、日系企業の皆様が当地より欧州全域のみならずロシア・中東・アフリカまで世界を舞台に活躍できるのも、良好なビジネス環境を提供してくださるNRW州やデュッセルドルフ市、デュッセルドルフ商工会議所があってのことと、ドイツ側のサポートへのお礼のお言葉を頂きました。

今回は初の試みとして、ケルンを拠点に世界的にご活躍されているヴィオラ奏者の原麻理子さんをお招きし、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが作曲したオペラ『リナルド』より「ラシヤ・キオ・ピアンガ(Lascia ch'io Pianga)」を演奏頂きました。美しいヴィオラの音色が響き、会場の皆様も演奏に聞き入っておられるようでした。

日本クラブ・柳川会長に乾杯のご発声を頂きました後は、ご参加者の皆様同士それぞれ新年のご挨拶やネットワーキングに時間をご活用頂きました。お寿司やお蕎麦、お正月風のオードブルを含むビュッフェも参加者に皆様にご好評を頂き、限られた時間ではありましたが、大変活発な交流が行われました。日系企業同士だけでなく、日独交流の場としても有意義な賀詞交歓会となったのではないかと思います。

まだまだ寒さの厳しい中ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。また、準備段階より色々とアドバイス等頂きましたホテルニッコー様にもこの場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

S.3 links

小林会頭 開会のご挨拶

 

S.3 rechts

ご歓談をされるガイゼル市長、嶋﨑総領事、来賓の皆様