クリスマス・マーケット開催に伴う注意喚起

●今週以降、デュッセルドルフ市をはじめノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州内各地においてクリスマス・マーケットが開催されます。
●クリスマス・マーケットなど多数の来場者が予想されるイベントは、テロや各種犯罪の標的にもなり得る点に注意が必要です。
●ご自身の安全を確保した上でクリスマス・マーケットをお楽しみいただきますようお願いいたします。

1.今週以降、デュッセルドルフ市をはじめ、ノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州内各地においてクリスマス・マーケットが開催されます。

2.2016年12月には、ベルリンにおいて、大型トラックがクリスマス・マーケットに突入するテロ事件が発生したほか、翌年11月にも、エッセン市のクリスマス・マーケットに対するテロ計画容疑で関係被疑者が逮捕される事案が発生しており、クリスマス・マーケットを訪れる多数の来客やイベントを標的とするテロに注意する必要があります。

3.NRW州警察は、具体的なテロの兆候はないものの、「いつ、どこで発生してもおかしくない」との認識を維持しているほか、期間中の盗難被害(すり、置き引き等)の増加について懸念しており、本年のクリスマス・マーケットにおいても、例年同様、制服警察官の巡回等による警備対策及び交通対策を強化するとのことです。

4.以下の対策を参考に、ご自身の安全確保に細心の注意をお願いします。
(1)最新の治安情報の入手に努める。
(2)「クリスマス・マーケットをはじめとする多数の人が集まる場所や施設はテロや各種犯罪の標的になりやすい。」ということを十分に認識する。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れるなど、常に自身の安全確保に十分な注意を払う。
(4)不測の事態の発生を念頭に、避難の際の経路や咄嗟に身を隠す場所等についてあらかじめ確認しておく。
(5)万一、テロや犯罪に遭遇してしまった場合、速やかにその場から避難するなど自身の安全確保を最優先に考えて行動するほか、現場に到着した警察官から具体的な指示がある場合はこれに従う。なお、避難時には、パニック状態となった群衆の中で負傷するおそれもあることから、冷静さを保つように努める。

5.多数の人が集まる場所やその周辺では、来場者を狙ったスリ等の盗難被害が続発する傾向があります。以下の事項を参考に、所持品の保管に細心の注意をお願いします。
●常に貴重品に意識を向ける(定期的に、「触って」、「見て」確認を)。
●見知らぬ者から声を掛けられる、妙に接近されるなどしたときは、最大限に警戒心を高める。
●ズボンの後ろポケット、カバンの外ポケットといった自身の死角となる位置に貴重品を保管しない。また、現金、クレジットカード、旅券等は必ず内ポケット等に入れて、身体に密着させる。
●鞄類は常に身体から離さずに持ち歩く。
●買い物や食事中に鞄類を椅子等に掛けることは控え、また、これらを置いたまま席を立ったりしない。
●鞄類は必ず閉めておく。
●現金や支払い手段は必要な分だけ携帯するに留め、分割して所持する。
 
海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供いたします。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete