無差別襲撃事件等にかかる注意喚起

【ポイント】
●年末年始にかけて、ノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州をはじめ、ド
イツ国内で複数の無差別襲撃事件が発生し、それぞれ死傷者が発生しました。
●現在のところ、それぞれの事件の背景は捜査中ですが、ドイツを含め外国ではこう
した不測の事態に常に警戒する必要があります。
●最新情報の入手に努めるとともに、人が多く集まる場所(イベント、観光施設、駅
や公共交通機関など)では周囲の状況に警戒するなど自らの安全確保に十分注意を
払ってください。

【本文】
1 年末年始にかけ、ドイツ国内において以下のような無差別襲撃事件の発生が報じ
られています。
(1)12月20日午後3時前、NRW州レックリングハウゼン市内のバス停で、バ
スを待っていた人々に普通乗用車が突入し、1名が死亡し少なくとも6名が負傷。
(2)12月29日、バイエルン州ニュルンベルク近郊アンベルク町において、シリ
アやアフガニスタン等からの難民申請者が酒に酔って暴れ、通りかかった一般人12
名を襲撃。
(3)1月1日午前0時すぎ、NRW州エッセン市及びボトロップ市において、外国
人排斥を標榜する男の運転する車が新年を祝う群衆に突入し、シリア人やアフガニス
タン人など外国人を含む複数名が負傷。
(4)1月3日、ザクセン州デーベルン町にある政党「ドイツのための選択肢(Af
D)」事務所前において爆発事案が発生(負傷者なし)。

2 これらの事件の背景は捜査中ですが、ドイツにお住まいの皆様並びに旅行者の皆
様におかれましては、改めて次の事項に注意を払い、不測の事態に巻き込まれないよ
う十分注意してください。
(1)テレビ、ラジオや新聞等の報道に注意を払い、最新の関連情報の入手に努め
る。
(2)観光施設をはじめ、イベント会場等の人が多く集まる場所や施設、駅や公共交
通機関、政党事務所などは、テロ等の標的となりやすいことを認識し、常に周囲の状
況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる、できるだ
け滞在時間を短くする等、その場の状況に応じて安全確保に十分注意を払う。
(3)不測の事態の発生を念頭に、会場や施設内では避難経路等についてあらかじめ
確認する。
(4)事件に遭遇した場合には、まず身を伏せた上で、周囲の状況を把握するよう努
め、可能であれば早めにその場から立ち去る。その際、現場の警察官等の指示をよく
聞き、冷静に行動するように努める。

3 なお、これらの事件をきっかけとして、反移民・難民を標榜するデモ・集会やそ
れに対する対抗デモ等が発生する可能性も排除できませんので、テレビやラジオを通
じ、常に最新情報の入手に努めるとともに、デモや集会には決して近づかないなど自
らの安全確保に十分注意を払ってください。

4 また、何らかの邦人被害の情報に接した場合には、当館をはじめ、管轄の在外公
館にご連絡ください。

5 在留届の提出または、「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を、3ヶ月未満の場合は「たびレジ」へ
の登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録:
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や、緊急時の大
使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また、家族や友人、職場等
に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。


このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録された
メールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在デュッセルドルフ日本国総領事館(領事部)
電 話: 0211-164820
FAX: 0211-357650
メール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURL
から停止手続きをお願い致します。
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete